田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

洪水の爪痕・・・すさまじい現場

今日は、谷田部体育館、JA谷田部、豊里交流センターの避難所を訪ねたあと、常総市の災害地まで行ってみました。

被災者からいろいろ聞いても、土地勘もないし、理解が十分出来ないので、現場に行ってみました。現場を見て衝撃を受けました。

平塚線(R24)を西へ西へと向かうと、通行止めは解除されていて鬼怒川まで行くことが出来ました。水かさは平常に近くなっていましたが、泥水です。川の西側に住んでいる人に伺うと、西側にも水が来たけれど被害は無かったそうです。「つくば市議です」というと、「お世話になっています」とお礼を言われました。

鬼怒川の東側の道路を北へ向かってみました。泥だらけの町並みが続きます。乾いた泥が舞い上がって空気が白く濁っています。大勢の人が片付けに追われていましたが、声をかけることも出来ませんでした。
見知らぬ道をどんどん進むと、最初に越水した現場に出ました。鬼怒川から流れ込んだ水の勢いのすさまじさを物語る光景です。家の取り壊しも始まっていました。復旧工事の車両が道をふさいでいます。作業している人に「ここは、危険だから出て行ってください」と云われました。

被害の大きな地域を離れ、上蛇(じょうじゃ)に向かいました。公民館で自衛隊が給水をしていました。まだ復旧していないようです。
自衛隊員に「支援物資を届けに来た若者がいるが、避難所はどこか?」と聞かれました。その若者は竹園からきたとのこと。豊里交流センターを案内しました。「何かしなければ」という動きが出ています。

新婦人の会員にバッタリ出会いました。幸い家の中まで水は来なかったそうです。でも、知り合いが心配と・・・新婦人新聞を届けに被災地へ行くそうです。軍事費削って、防災に使うべきだよね!と、ますますがんばろうと云って別れました。

相野谷という地区が深刻と聞いていましたが、地図を持たないで行ったので、今日は一旦引き返しました。

避難所はあくまで一時的な対応です。被災者のみなさんも疲れが出てきています。更にきめ細かい支援を続けましょう。










[PR]
by aoisoraitumademo | 2015-09-13 22:16 | Comments(0)