田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

桜は満開です

b0193344_23393908.jpg
我が家のすぐそば・・・廃線を利用した3㎞の遊歩道。
朝夕、散歩する人がおおぜいいます。
今日は満開の桜を堪能しました。
風はひんやり気持ちいいです。



[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-27 23:49 | Comments(0)
10年以上も前のこと、富士山麓の「コカリナの店」の入り口で出迎えてくれたクマの彫刻が気に入ってしまい、私も同じものを作ってもらいました。つくばのアパートでは居場所がなく隅に追いやられていましたが、新しい家でやっと存在感が・・・
名前は、くま太郎・・・黒坂黒太郎さんのようにコカリナを上手に吹けるようになるでしょうか。
b0193344_21114101.jpg

今日も、喜多方の桜並木は大勢の人が歩いていました。

吾妻時代の仲間たちからいただいた「夏つばき」の苗木を庭に植えました。狭い庭なので、どこに植えるか悩みました。屋根から雪が落ちないところを何とか見つけて、孫たちが穴を掘ってくれました。夏には、白い花を咲かせてくれるでしょう。楽しみです。



[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-23 21:32 | Comments(0)
b0193344_11485394.jpg
素晴らしい桜並木です。
最高のお花見日和・・・片付けの合間にちょこっと歩いてきました。
たくさんの人が桜を満喫して幸せそう!
b0193344_11532325.jpg
木蓮も見事です。

みなさん是非、喜多方の桜ウオークにおいでください。
b0193344_11555330.jpg


[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-22 11:56 | Comments(0)
b0193344_22331370.jpg
b0193344_22325030.jpg
斬新なデザインの庁舎です。

今日から喜多方市民・・・ラーメン屋さん、ご近所さん4軒とお知り合いになりました。

生協にも加入しました。

それから、新婦人新聞も届いたのでお礼の電話をしました。とっても心強いです。

明日は、桜ウオーク・・・2000人が桜並木を歩く予定とか・・・

今日も、リュック姿の旅人をたくさん見かけました。



[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-21 22:44 | Comments(0)
38年間住み慣れたつくばから、福島県喜多方市に引っ越しました。

19日、つくばの桜吹雪に見送られ、感傷的になりながら出発したものの、福島県に入ってしばらくすると青空なのに雨・・・キツネの嫁入りか?そのうち曇ってきて雨も強くなり、おまけに強風・・・ラジオでも、強風の影響が報じられスピード制限。手には汗が・・・ハンドルを取られないようにしっかり握って何とか高速を下りることが出来ました。5時間かかってやっと新しい家に到着。やれやれです。夜はやっぱりラーメン。お店の話しでは、寒くて桜が遅れてるとのことです。

20日、昨日とは打って変わって良い天気。2時に荷物を積んだトラックが到着、さっさか、さっさか段ボール箱を運び終わってくださいました。力持ちさん達に感謝です。必要なモノを探しながら今日も終わりました。まずはインターネットの開通が出来てみなさんとつながっています。「しんぶん赤旗」のネットワークも素晴らしく、19日までつくば、20日からは喜多方で読むことが出来ます。知らない土地に来て、知らない人たちのがんばりを感じています。これから共に頑張って行きたいと思います。
b0193344_23165761.jpg
9年近く住んでいたつくば市吾妻のアパート前にて記念写真を撮りました。東日本大震災に耐えたアパートです。ありがとう!



[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-20 23:20 | Comments(0)

変貌する吾妻

b0193344_19325602.jpg
 吾妻3丁目の公務員住宅跡地。とうとう更地になりました。
 ここに住んでいた人たちのことを思い出します。
 
 今後、この地に住むにはおそらく5000万円以上のお金が必要でしょう。 職場の定まらない人には手が出せませんね。

 住宅の保障があってこそ、安心して研究も出来るというもの。研究学園都市の今後を担う人はどんな人なのか、気になります。

 38年間住み慣れた吾妻の変貌を見ながら、私たちも転居します。
 街は変わっても、思い出は残ります。そして、顔なじみの人がずっと住み続けてくれるといいな。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2017-04-04 19:48 | Comments(0)