田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

寒空の下で・・・・

 今年も、あと2日です。

 「公園で寝泊まりしている人がいます」の連絡を受けて、26日の夕方、

山中たい子さんと行ってみました。

 2人の男性でした。一人の人はすでに段ボールを身にまといベンチの上で

横になっていました。

 もう一人の人と話しました。「この寒さでは病気になってしまうから、市役所に

行きましょう」と勧めたのですが、「慣れているから大丈夫です。昼間は仕事を

しているし、食事はしています。」とのことでした。「どうしても我慢できないときは、

連絡します」と言われ、名刺を渡してきました。

翌日、市役所の福祉課に状況は説明しましたが、「本人が相談してくれなければ、

どうすることも出来ない」とのこと。それでも、現場を訪ねてくれることになりました。

 あれからず~と気になっています。

 充分働ける元気な人が家を失ってしまうこの現実・・・この格差。社会の仕組みを

変えなければ、誰もが同じような状態におちいってしまう危うい社会。

 話した人は明るい感じで、「負けないぞ」という表情だったことがせめてもの救いです。

 でも、寒さはこれからが本番。何とかしなければ・・・







 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-30 07:16 | Comments(0)
12月議会の報告を議員団ニュースに載せました。

一般質問のその②、5項目の請願の採決結果、滝口議員の財政調整基金についての

意見などが内容です。

つくば市の貯金は、平成24年3月31日現在で96億円あります。その内、特に目的の

ない自由に使える調整基金は40億円です。これは市民から預かっている税金ですから、

福祉や教育、生活環境改善に有効に活かすべきだと日本共産党は考えています。

つくば市では、子どもの医療費無料化が拡充に向け検討されています。この財源を

活用して、中学卒まで、所得制限をなくして実施するようみんなの声を市長に届けましょう。

はだしのゲンの作者・中沢啓治さんが亡くなりました。73歳、肺がんでした。

「原爆・戦争の恐ろしさを伝えて欲しい」・・・この伝言をしっかり受けとめなければと思います。


b0193344_12345912.jpg


写真は、コカリナを吹くうさぎさん。

ヒロシマで被爆した榎木でもコカリナが作られました。

コカリナの第一人者、黒坂さんは、その笛で「鳥の歌」などを演奏し、

世界に平和をよびかけています。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-26 12:43 | Comments(0)
b0193344_8191817.jpg

12月24日、「第2回脱原発サミットin茨城」が、東海村で行われ、参加してきました。

会場いっぱいの参加者。脱原発の願いが満ちている会場でした。

村上達也東海村長、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教授、「脱原発をめざす

首長会議」世話人の三上元静岡県湖西市長の3人のお話は大変率直で分かりやすく、

脱原発を大きく進めるサミットでした。

小出さんは、「だまされた責任」というテーマでお話しされ、「子どもには全く責任がない。

この事態を起こした大人として、子どもたちを被爆から守らねばならない」と強調されました。

三上市長は、「原発は安いと言われているがとんでもない。東海で事故が起これば76兆円が

必要になる。廃棄物の処理を考えれば高くつく」と、具体的な計算式を示されました。

25日付けの東京新聞に詳しく報道されています。

村上村長は、「自民党政権になって、原発が推進されると思うが、脱原発の運動は消えない。

カネをくれるものにぶら下がっていては日本の将来はない」と結ばれました。

写真は、「脱原発ネットワーク茨城」のメーリングリストからいただきました。

村上村長と子どもたち。プレゼントは、花束と全国から届いた村長へのメッセージカードでした。

とってもホッとする一場面でした。

私にとって新鮮だったのは、人間味に溢れた三上元(はじめ)市長でした。

市民の命を守ることを使命としている市長さんだと思いました。

自分の自治体の市長に「脱原発首長会議」への参加を引き続き求めて行かねば・・・

追伸 三上元市長のブログがとても新鮮でおもしろいですヨ。

アドレスは・・・・http://pikagen.hamazo.tv/

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-25 08:58 | Comments(0)

ノロウイルスに注意!

ノロウイルスの流行で、死者も出ているようです。こわいですね。

下痢と嘔吐が特徴で熱も・・・我が家の娘が1歳の頃、このような症状になった事があります。

ノロウイルスという言葉はありませんでした。

滝のような嘔吐と長引く下痢・・・あわてて着替えを買いに走ったことを覚えています。

早めの手当が欠かせませんね。

子育て中のお父さん、お母さん、くれぐれも気をつけて下さいね。

つくば市は、みなさんの要望に応え、子どもの医療費無料化の拡充に向けて

検討を始めました。

何歳まで? 所得制限は?・・・・・どうなるのか、これが問題です。

私は、12月議会で、「中学卒業まで、所得制限は撤廃、一部負担も無くして、

茨城県内でトップクラスの助成を」と求めました。

来年の3月議会に条例案が出され、10月から実施の計画です。

ある歯科医から聞いたお話です。

「虫歯があっても、親知らずが痛くても、お金の心配があるので治療できない人が沢山いる。

医療費は無料にするべきだ」

本当に、そうですね。

以前も紹介したかな。孫の写真。「虫歯ゼロのダイヤモンド賞」です。


b0193344_1075319.jpg

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-24 10:11 | Comments(0)
 滝口議員、橋本議員、そして私、3人の議員団となり、議員団ニュースの内容も多くなってきました。

 パソコンの普及で、ニュースづくりも印刷所に頼らなくても出来る時代です。

 前回、今回と2回、私が「花子」というソフトで作成してみました。

 このブログにアップできないのが残念ですが、赤旗日刊紙と日曜版に折り込みます。

 また、持ち歩いて、みなさんにお渡ししていきたいと思います。 

 今回は、12月議会の一般質問の主なものと高校生から出された請願について載せました。

 ごらんになって頂いた方、感想などお寄せください。

 文章力、表現力、構成技術・・・・ニュースづくりはなかなか大変ですが、なるべく回数多く発

行していく予定です。

 お読み頂ける方はご連絡ください。メールは、ms2007@agate.plala.or.jp です。

 
 
b0193344_0532574.jpg


 写真に撮って見ましたが、読めませんね~



 明日の朝は、TXつくば駅にて6時30分から、選挙の報告と議員団ニュースを配ります。

 寒さの中、朝早く出勤されるみなさんに、元気に訴えたいと思います。

 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-20 21:07 | Comments(0)
 本日は、都市建設常任委員会と環境経済常任委員会が開かれました。

 今議会に5件の請願が出されましたが、その中の1つは、ある高校生からのものでした。

 請願の内容は、「アルスの周辺においてあるコーンとポールを撤去して、
 無料の駐輪場を作ってほしい」というものでした。

 本日の都市建設常任委員会に付託され審議されました。

 私が、紹介議員を引き受けました。以前、私も同じことを考えて一般質問をしています。

 今日は請願者も傍聴席に・・・そして、しっかりと意見を述べてくれました。

 現場を知っている方は「なるほど」と思われのではないでしょうか。

 何とも景観が悪いのです。

 請願者は、周辺の駐輪場の状況をよく調べ、利用者の意見も聞いて、解決方法も
 提案しています。住みよいまちづくりをめざす勇気ある行動を頼もしく思います。

 
 結論は、「主旨採択」となり、何らかの改善を図っていくことになると思います。

 自転車の街つくば・・・もっと、無料の駐輪場を増やし、快適に自転車を利用できるように
 したいものです。

 写真をお借りしました。説明はわたしのつぶやきです。

 
b0193344_2211352.jpg

 ここは、無料駐車場。学生や子どもたちのためにもっと増やしてほしい。

b0193344_22112962.jpg

 これでは、工事現場みたいです。
b0193344_22122023.jpg


b0193344_22121498.jpg

 こんな風になったらいいなあ。 







  
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-18 22:23 | Comments(0)

衆議院選挙終わりました

 民主党から自民党に逆戻りの結果を見てためいき・・・

 日本共産党は候補者先頭に、今こそチャンスと頑張りましたが、9議席から8議席に後退・・・

 「どうして?」という答えを出すまで、これからいろいろな話し合いが必要です。

 ご支援頂いたみなさんに心からお礼申し上げます。

 これからも、政治はどんどん動いていきます。

 堂々と、切実な願いが実現する政治を求め続けていきましょう。


 今日は、つくば市の文教福祉常任委員会に出席しました。

 2つの請願が、全会一致で採択され、21日の本会議にかけられます。

 バンザ~イ!!です。

 ① 中学卒業までの子どもの医療費無料化を求める請願

 ② B型肝炎・C型肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願

 身近な自治体からどんどん行動を起こしていくことが大切ですね。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-17 19:06 | Comments(0)

ブログを16日までお休みする予定でしたが、一般質問のことを載せておきます。
以下、「脱原発ネットワーク茨城」のメーリングリストに送った文章です。



つくば市議の田中サトエです。

本日、私は、つくば市議会の一般質問で市長に対して今年4月28日に結成され
た「脱原発をめざす市長会議」に是非参加して頂きたいと要望しました。

9月議会で要望したところ「検討する」との答弁でした。それで、どのように検
討されたのかを質問したのです。

結果は、「考え方が違うので参加しない」と、あっさりした答弁でした。

その後は、一問一答の討論でしたが、私の質問「どのように検討されたのか」に
関しては、原発の是非を云々することは主旨が違うとのことで、深く聞くことは
出来ませんでした。

それはともかくとして、みなさん「脱原発をめざす市長会議」に是非注目して下
さい。

12月15日には、福島県郡山市で、県内の市町村長を招待して勉強会が行われ
ます。原発事故に苦しめられている私たち、賛同者はどんどん広がると思います。
「脱原発をめざす首長会議」http://mayors.npfree.jp/を検索してみて下さい。

首長が、脱原発の立場に立つことは大変ですが、意義は大きいです。
自分の自治体の首長に参加を求める「ハガキキャンペーン」も行われています。

長野県中川村の村長のブログに「脱原発をめざす首長会議」に参加した思い
http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=10685&i=11134が綴ら
れています。
全国で80人が参加されているそうですが、呼びかけ人の上原公子元国立市長は
「これからどんどん増えていきます」と言っています。

住民の生命財産を守る責任を自覚するなら、「賛同は当たり前」と思います。

つくば市の市長はいつ賛同して下さるでしょうか?
ハガキキャンペーンに取り組みたいと思うのですが・・・

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-12 23:55 | Comments(0)
ブログを見ていただいているみなさん、ありがとうございます。

何かと忙しい日々です。

忙しいことと合わせ、選挙に関することは自由に書けないので、投票日までお休み致します。

寒さも本格的になってきましたね。

元気で12月を乗り切って、新しい年をお迎えください。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-09 22:55 | Comments(0)

3人揃って初登庁

11月30日、選挙後初めての全員協議会が開かれました。バッジをもらって、いよいよ3人体制の議会活動が始まりました。

つくば庁舎前で記念の写真を撮りました。
左より、田中サトエ・滝口隆一・橋本けい子です。

b0193344_11414844.jpg


12月議会へ向けて、一般質問の通告をし、議案を受け取りました。

開会は12月4日からです。

定数が5人減って28人の議会です。

戦後続いてきた「アメリカいいなり」「財界優先」の国の政治が行き詰まって

ますます貧困と格差がひろがっています。

増税・TPP・原発など国の悪政から住民を守る地方自治体の姿勢が問われます。

「人間の命をまず尊重する」という政治を実現しなければ、未来を託す子どもたちに

申し訳がありません。

一番身近な市政に参加し、意見書提出などで国の政治の間違いを正していくことが
できます。

間近に迫った(12月4日公示、16日投票)衆議院選挙はお忘れなきよう・・・・

みなさんから出された請願に紹介議員となりました。

なんと、高校生から出された請願もあります。

率直でしっかりした請願です。

新しい顔ぶれによる議会、みなさん、ぜひ傍聴におでかけください。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-12-01 11:55 | Comments(0)