田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 「毎年4月29日」の恒例となった筑波山麓コカリナピクニック、9回目を迎えた今年、市民ホール茎崎に200人あまりが集いました。昨年は、準備の途中で大震災があり、「とても無理」といったん中止したのですが、「集まれる人だけでも集まってコカリナを吹いて元気を出そう」と、平沢官が遺跡の広場でやりました。
 
 あれから一年、それぞれに大変な日々を乗り越えて集まれたことに感謝です。黒田正意実行委員長の挨拶がすばらしかったです。被災地に心を寄せて、コカリナ愛好者のみならず、多くの人の心にまっすぐ届いた挨拶でした。
 
 19サークルが発表しました。初心者からプロ並みの人まで幅広い参加者がいて、筑波山麓にコカリナがしっかり根付いて来たことを感じました。一般の方が100人以上も来て頂き感動しました。

 「文化」「音楽」の持っている大きな力、特に「コカリナ」という楽器の不思議な魅力をまたまた発見しました。
 
 私は、ここのところ練習不足で、メンバーの足を引っ張ってしまいましたが・・・・

 帰りは、ツクバスに乗りました。発車前に停留所のベンチで「ハトと少年」を吹いていたら、「いい音色ですね~何ですか?」と運転手さんに聞かれました。○○○・・・と説明して、もう一曲「ふるさと」を聞いて頂きました。

 
 あとひとつ、会場の外の石垣に腰掛けてパンをほおばっている青年に目がとまりました。雰囲気が息子の新吾にそっくり。思わず近づいて話しかけてしまいました。そうしたら「僕もギターを弾きます」とのこと、それで雰囲気が似ていたんですね。顔もそっくりではないけれど、似てる!不思議な出会いでした。また会えるかな?

 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-30 06:17 | Comments(0)
b0193344_2119264.jpg

4月24日~25日の2日間、日本共産党の議員を中心に12名で被災地・いわき市に行ってきました。いわきは、地震、津波、原発事故の三重苦に見舞われながらも「負けないぞ」の心意気が伝わってきました。
つくば市からは、山中たい子さん、滝口隆一さん、私の3人が参加しました。
日本共産党のボランティアセンターが各地のボランティアや視察を受け入れ、案内をしてくださっています。
津波災害の胸が痛くなる光景をたくさん見ました。そして、困難を乗り越えてがんばっておられる皆さんに会って貴重なお話しを伺うことができました。

b0193344_21111010.jpg

保育園では、子どもたちが歌やダンスで元気に迎えてくれました。
すぐそばまで津波が押し寄せる中、高台の高校に避難したそうです。子どもたちの命を守った保母さん達に心からの敬意を感じました。とっても優しい保母さん達でした。

b0193344_21125595.jpg

ここから向こうは立ち入り禁止区域。物々しい警戒体制です。
山中さんの線量計で0.71と出ました。見えない放射能の恐怖です。

b0193344_21303849.jpg

津波に流された風景を見ながら3・11のあの時を想像すると足が震えました。

b0193344_21135527.jpg

「浜風商店街」・・・流されたお店が共同で作ったお店。そばにある学校の子どもたちは避難所からバスで通っているそうです。

b0193344_2115389.jpg

楢葉町から避難しておられる仮設住宅に向かうところです。

b0193344_21154913.jpg

木造の仮設住宅を訪問してお話しを伺いました。年配の女性が多かったです。
皆さんの共通の思いは「楢葉町の家に帰りたい。いつになったら帰れるのか」でした。
「安心だ、安心だと聞かされていた。原発は100億円もらってもイヤだ」悔しさがいっぱいです。

b0193344_2116199.jpg

津波後に咲いていたタンポポです。
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-25 23:15 | Comments(0)
 3通目のアンケートが自宅ポストに入っていました。ご近所の方、お名前も書いてありました。
 アンケートに答えるのはなかなか大変な作業・・・と自分が答える立場になるとそう思います。答えて頂いたことが本当に嬉しいです。

 たくさん書いて頂きました。
 
 その中で、図書館の駐車場のことがありました。
 そうなんです。私も困っている一人です。ちょっと本を返す時間、ちょっと車を止めるところがあったらといつも思います。急ぐときはどうしても路上駐車になってしまうわけです。これも危険です。

 この方の提案は、対面の公務員住宅の空き地をナントカできないか・・・とのことです。
 
 本当は、図書館を設計する時に考えることでしたね。

 困っていることを改善する・・・。課題として取り上げてみたいと思います。
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-21 10:50 | Comments(0)
 日本共産党つくば市委員会として皆さんの要望、ご意見を伺うアンケート実施中です。
 受取人払いの封筒を添付していますので、そのままポストに入れて頂ければ事務所に届きます。

 今日家に帰ってみると、封筒が2通届いていました。実は、私のご近所には「直接私の自宅のポストに入れていただけば郵送代が100円助かります」というメッセージを付けて配ったのです。早速応えてくださったのですね。感激!

 ワクワクして開封・・・たくさんの要望、ご意見がかかれていてまたまた感激!

 こんなメッセージがありました。「一市民の意見をこのような形で言えるアンケートは、たとえ願いが届かなくても発言できたという充足感があります」・・・なんと謙虚な方でしょう。うるうるです。いえいえ市民こそが主人公です。どうぞどんどん意見を出してください。それが住みよい地域を作る力になります。

 桜色のアンケート、どんどん送ってくださいね。

 消費税10%NOのポスターをフェンスに張り出しました。
 税金は大企業・大金持ちにしっかり払ってもらいましょう。
 そして、正規雇用が当たり前にしてみんなの所得が増えれば、税金も増えていきます。
 「金は天下のまわりもの」にすれば、働きがいも出るし、楽しみも増えますね。

 日本共産党の「提言」ご存じですか。知りたい方はご連絡ください。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-19 19:55 | Comments(0)

新東大生の考えは・・・

 朝のテレビで、東大に入学した学生にインタビューしていた。

 今の日本の重要課題8項目について、順番を聞くと、震災復興と原発が1位だったり2位だったり。そのほかには、TPP、少子高齢化、財政破綻、消費税、格差・・・・などが並んでいたような記憶です。
 震災、原発については、自分たちが支え解決していかなくてはいけないと受けとめているのですね。

 お兄さんが原発の仕事をしている関係で、自分も関わりたいという学生。これから何年も何十年もかかって取り組んでいく問題に向き合っています。

 食事をちゃんと作っている男子学生、作った料理をノートに記録して反省文や自己採点まで・・・エライ。
 その学生は、日本農業を壊すTPP参加にきっぱり反対を表明していた。日本の農業について研究するとのこと。頼もしい。

 税の集め方について、収入の多い人がたくさん納めて社会を支えるべきだと言う学生は、自分も企業で成功したら税金をたくさん払いたいと言っていた。すばらしい。

 生活保護が増えて税金がたくさん使われているが、働ける人には仕事を与えて、経済活動の中で生活できるようにするべきと言う意見、その通り。

 公務員の削減は、国民の利益を守ることができなくなるので反対という意見もその通り。

 若い人たちも現実をしっかり見て、論理的に考えていることが嬉しかった。でも、消費税の増税については賛成の意見が多かった。これは大変。消費税の増税で財政が良くならないことは3%から5%になった時に実証済みです。「消費税に頼らない財源作り」を日本共産党が提案しています。財政再建のレシピです。そのレシピに沿って改革すれば未来は開けると思います。

 今年は、選挙の年、総選挙の時期は定かではありませんが、市長選挙、市議選挙は10月末に行われます。私も2期目に挑戦することになりました。
 政治の目的、議員の役割をしっかりふまえて、多くの皆さんの代表として働くことができるよう決意を新たにしています。ご支援をよろしくお願い致します。

 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-17 11:14 | Comments(0)

入学おめでとう!

 

b0193344_0204532.jpg



 桜はちょうど満開、4月9日、つくば市内の小学校中学校の入学式が行われました。
 私は、午前は吾妻小学校、午後は吾妻中学校の入学式に参列しました。

 6才になった小学一年生が100人、13才の中学一年生が87人。
 それぞれこれからの人生にしっかり向き合っているように感じられて、未来を築いてくれる子どもたちに心からの声援を送りました。ひとり一人の成長が楽しみです。
 子どもたちを教え導く先生と言う仕事。改めてすばらしいと思いました。

 吾妻は公務員が多い地域なので、人の入れ替わりが激しく、地域のつながりは強いとは言えないと思いますが、PTAの結束はしっかりしているようです。子どもたちがとても落ち着いていると思いました。

 私の子どもたちも吾妻小学校の卒業生、校舎のあちこちに思い出があります。
 「母校」・・・優しい響きですね。
 どの子にとっても、懐かしく思い出せる「母校」は、とても大切なものではないでしょうか。

 明日は、幼稚園の入園式です。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-10 00:30 | Comments(0)
集まりました!「原発ゼロ」を願う人が3000人、東海原発の近くの笠松運動公園で「さよなら集会」が開かれました。
前日は春の嵐でしたが、集会はお天気に恵まれ各方面からバスもたくさん来ていました。
b0193344_8382019.jpg

私も、つくばからバスで参加しました。

実行委員長は、茨城大学の田村武夫名誉教授。
ステージから、政党・団体・個人の代表の訴え・・・特に、被災された方や農業が立ちゆかなくなった方の訴えは悔しさいっぱいで、一日も早く原発をなくさなければとの思いが胸に響きました。

再稼働などとんでもない。3000人の決意を固めた集会でした。


東海村の村上達也村長、福島県浪江町の馬場有町長などからメッセージが届きました。

最後に、脱原発弁護団の弁護士、海渡雄一さんから、法律的に原発をなくす道の解説があり、たしかに、こんな恐ろしい原発は法律的にも許されるものではないと痛感しました。

さらに声を大きく上げて、再稼働をやめさせ、原発を一日も早くなくそう! 準備された皆さん本当にご苦労様でした。
b0193344_8362193.jpg

訴えているのは、日本共産党の大内久美子県議です。
[PR]
by aoisoraitumademo | 2012-04-02 09:19 | Comments(0)