田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

  
b0193344_2142560.jpg


 10月27日、つくばカピオホールにて、「復活の笛コカリナ」と歌でつむぐコンサートが開かれ320人の人が被災地へ思いを馳せながら感動を共にしました。

  
b0193344_21434597.jpg

 
 ヒロシマの被爆樹で作られた笛、長野オリンピックで伐採されたイタヤカエデの笛、石巻で被災し焼けた松の笛・・・痛々しい木から作られた木の笛が、黒坂さんの演奏で素晴らしい音色となって生き返りました。

 今、黒坂黒太郎(本名は正文)さんは、コカリナのチャリティーコンサート100回開催を目指して全国展開の最中です。つくばは、38回目でした。
 出演は、黒坂黒太郎、矢口周美(ボーカル)、福澤達郎(ピアノ)、安田雅司郎(ギター)の他に、各地のコカリナ愛好者のみなさんでした。

 
b0193344_21501286.jpg


 とにかく素晴らしい音の世界が創り出され、言葉にならない感動でした。
 
 私も実行委員の一人として、コンサートの成功に努力しました。

 必要経費を差し引いた収益金は、復興支援コカリナプロジェクトを通して、東北の子供たちを元気づける活動に当てられます。

 子どもたちこそ希望です。亡くなった多くの命の分までしっかり生きて欲しい・・・黒坂さんの熱い気持ちが、「つむぐ」コンサートにしっかり込められています。

 これからも、各地でコンサートが開催されます。惜しくも参加できなかった方は、どこかで是非お聴きください。日程は、「コカリナの世界へようこそ」で検索を。
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-10-30 21:55 | Comments(0)
あらら・・・すっかりブログがお留守でした。
放射能問題で県へ行ったり、国へ行ったり、市へ申し入れをしたり、学習会に参加したりと頭の中で難題がグルグル回っています。その中で、すっきりとした気持ちになったのは、10月16日に水海道第二高等学校で行われた第51回茨城県母親大会への参加です。

b0193344_12162449.jpg


「生命を生み出す母親は、生命を育て、生命を守ることを望みます」というスローガンのすばらしさ、力強さを今年ほど感じたことはありません。誰もが、お母さんのおなかの中で形になり、世の中に出てきます。お金で命は買えません。かけがえのない命を尊ぶ社会をしっかり作って行かなくてはと今年も原点に戻った一日でした。

さすが、母親大会。分科会も全体会も「命を守る」観点で貫かれていました。
私が、感銘を受けたのは、川端純四郎先生の記念講演です。日本キリスト教団の会員で、東北学院大学のキリスト教学科の教員をしていた方です。

b0193344_12203067.jpg



 先生は、「原発事故について、科学的な知識だけでは絶対に解決しない。倫理観、政治的な関心と政治参加が必要・・・と言うような意味のことを話されました。被災地への優しさと同時に、選挙に行くかしこさを強調されました。「そのとおり」と思いました。
 そして、放射能に汚染されてしまったこの環境の中で、これからどのように生きていくのか、その覚悟が問われていると締めくくられました。

 取り返しのつかない原発事故の責任を明らかにしなければ、同じことが繰り返されるでしょう。そして、子どもを放射能から守るために最大限の努力をしなければなりません。政治の力が問われています。
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-10-24 12:22 | Comments(0)
 津波で大きな被害を受けた石巻に、コカリナの音色が響き渡りました。
 その様子を、朝日新聞や地元の河北新聞が伝えています。
 また、黒坂さんの復活の笛「コカリナ」東北支援ブログでも音色を聴くことができますので、ぜひご覧ください。

   http://pub.ne.jp/kocarina96/
 
 子どもたちのりりしいこと! お父さんを津波で亡くした佐藤真歩さん、悲しみを乗り越えていく姿に胸がいっぱいです。
 黒坂さんは、親を亡くした子どもたちを元気づけたいと、全国でチャリティーコンサートを展開中です。その収益でコカリナを作成して被災地の子どもたちにプレゼントするのです。
 10月27日は、つくばでもコンサートを開きます。ぜひ多くの方にコカリナの音色を聴いて頂きたいと思っています。お誘いあわせてご参加ください。
 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-10-06 00:09 | Comments(0)

放射線量の測定

b0193344_18501114.jpg


 山中さんと、倉掛地域を測定して回りました。
 写真は笑っていますが、測定結果は深刻でした。

 どこも「0.2マイクロシーベルト毎時」を越える数値です。
 雨樋の先は、なんと、2.15にもなりビックリ。
 そのお宅は、雨水を有効利用する工夫をされていました。せっかくのおいしそうなニラも
引き抜いて廃棄です。ベクレルを測る測定器はまだないので、ニラがどれくらいの汚染度かわからないまま。
 

 今日の、常陽新聞では、チェルノブイリのきめ細かい暮らしの指針を紹介しています。食べ物も、種類別に規制値を決めているそうです。牛乳はバターにすればセシウムは取り込まれないとか・・・科学的な根拠に基づいて暮らしています。

 汚染された土地で生きていくためには、ねばり強い努力が必要です。
 原発ゼロをめざしながら・・・がんばるしかありません。フーッとため息ですね。 

 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-10-03 19:13 | Comments(0)
 4時半起きで、赤旗の配達をしました。まだ薄暗い中で懐かしい香りが・・・キンモクセイでした。「そうか! 秋なんだ」と、毎年突然に気づかせてくれる香りです。金モクセイと銀モクセイがありますね。庭に植えている家も多いようです。

 巡ってくる季節の中に、いろいろな思い出が刻まれています。
 自然のおもしろさ、収穫のありがたさ、自然を台無しにしている放射能汚染がなんとしても許せません。

 放射能汚染から子どもを守りたいと奔走するお母さん達の会合に出ました。
 皆さんよく勉強されています。
 9月議会に提出した署名が継続審議となりましたので、引き続き、議員と市への働きかけをしていきます。

 赤旗日曜版では、安斉育郎先生の連載記事が10月2日号で10回を迎えました。
 原発にきっぱり反対してきた先生だから、説得力があります。
 多くの人に読んでもらって、「放射能を正しく怖がる人」になってもらいたい。

 コカリナでつむぐチャリティーコンサートがいよいよ今月27日と近づいてきました。
 カピオホールを満杯にして、優しいひとときをご一緒に!

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-10-01 07:57 | Comments(0)