田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 「子どもの下着が不足している」との黒坂黒太郎さんの呼びかけにこたえて、かわいいパンツやシャツ、靴下が430点集まりました。どんな子どもたちの元に届くのだろう?と想像しながら荷造りをしました。女の子用、男の子用それぞれサイズ別に分けて段ボール箱5つになりました。
 女川の子どもたちに送ります。

 「かわいい下着」の買い物を楽しんだ人も多かったようです。
 「一緒に乗り越えよう」の気持ちが届くと嬉しいですね。

 今日は、平沢官が遺跡の広場にコカリナサークルが集まってコカリナピクニックを開きました。
 筑波山を仰ぎながら、自然の風に吹かれて・・・コカリナを楽しみました。
 参加者は50人。大震災に負けないためにも、音楽は大きな力です。
 
 コカリナ・チャリティーコンサートも開くことになりました。
 
 
 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-29 22:47 | Comments(0)

一斉地方選挙終わる

 選挙のすべての結果は、今日の新聞には間に合わなかったようですが、お隣の土浦市、牛久市では日本共産党の候補者は全員当選!現状維持できてほっとしました。

 これからの4年間、福祉と防災を最優先するまちづくりが期待されます。
 つくば市でも、次の災害への備えをしっかりやらなければ・・・
 
b0193344_9465172.jpg

 今日は春らしい良いお天気です。
 でも、被災地は・・・と、思いをはせると気持ちはおだやかではいられません。
 コカリナ奏者の黒坂さんが、被災地を訪ね、「子どもたちの下着が不足しているようなので、みんなで下着を送ろう」と呼びかけています。
 「つくばコカリナを吹く会・風の輪」でも協力することになりました。
 これから息の長い支援が必要になります。
 何ができるだろう?
 黒坂「コカリナ」東北支援のブログをご覧ください。黒坂さんのレポートがあります。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-25 09:50 | Comments(0)
 「選挙どころではない、まず震災と原発災害対策を優先するべきではないか」という声がある中、被災地をのぞいて一斉地方選挙が強行されました。明日が投票日です。

 つくば市は、選挙の日程がないので、土浦市や牛久市の応援に行きました。

 牛久市では、防災無線が設置されていて、3月11日の地震の時役に立ったようです。
 それでも、「良く聞こえなかった」という声が多く、東海村のように個別の無線機も必要・・・と話題になっています。

 つくばは?・・・茎崎地域は防災無線がありますが、その他は全く情報が届かない状況でした。「水は?電気は?」と不安でいっぱいだったことを思い出します。
 正確な情報を早く市民に知らせること・・・災害時にはまず大切なことです。いろいろな方法を組み合わせて、不安を解消するシステムづくりをしたいものです。

 福島からの原発避難者に対するつくば市の対応について質問が寄せられています。
 市原市長は、つくば市のホームページで経過報告と謝罪をしていますが、何が問題で、何を反省しているのかがよくわかりません。改めて説明を求めたいと思っています。
 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-23 23:37 | Comments(0)

原発学習会を計画中です

 原発事故は、最悪の事態となっています。20キロメートル圏内は今日の0時から立ち入り禁止となりました。「ついに!こんなことが!」現実となってしまいました。
 
 目に見えない、臭いもない、放射能の不安が全国に広がっています。

 「原子力は難しくてよくわからない」と言ってはおられなくなりました。
 地球を守るために、命を守るために、みんなが正しい知識を持ち、これからのエネルギーのあり方を考えることが必要です。
 一刻も早い収束を!それまで、日々の暮らしの中でどうしたらいいのか、特に子どもたちを守るためには・・・専門家の話を聞きたいとの要望が寄せられています。

 放射線防護学が専門の野口邦和・日大専任講師がつくばに来てくださることになりました。日時は、5月22日(日)午後2時~です。 

様々の団体に呼びかけて実行委員会を作り、多くの方に参加していただけるよう準備をしています。
 実行委員会は、4月28日(木)午後2時~ 市民活動センターにて行います。
 どなたでも参加できます。おさそいあわせてご参加ください。

 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-22 00:59 | Comments(0)
 3月11日の大震災によって、つくば市内でもたくさんの被害を受けました。
 亡くなった人は1名、筑波山登山中の落石が原因です。怪我をした人が、13名です。
 家屋の半壊が7件、一部損壊が1772件をはじめ、様々な被害が生じています。
 そのほか、道路や上下水道、学校や公共施設などが被害を受けています。
 今回の大震災で被害を受けた皆さんに心からお見舞いを申し上げます。

 つくば市は、調整基金から震災対策費として5億円を取り崩しました。

 被災した方は、精神的にも財政的にも大きな負担をうけておられます。
 特に、屋根の瓦が落下している家が2000件近くあるようです。ブルーシートで応急処置をしているわけですが、梅雨に向かってしっかり修繕しないと雨漏りの心配があります。
 突然の災難に対して、行政としての特別な配慮が求められますが、一部損壊については助成の条例がないため、1ヶ月すぎてもなんらの手だてもとられていません。

 そこで、昨日つくば市に申し入れをしました。
 ① 被災された世帯に見舞金を出すこと。
 ② 一部損壊について、無利子の貸し付けなど助成すること
 申し入れは、日本共産党のほかに、親政の会、民主党、つくば・市民ネットワーク、新社会党、愛してるつくばの、超党派の議員で行いました。

 日立市では、10万円を限度に修繕費の30%の助成をするそうです。

 応対した保健福祉部長は「検討して返事します」と答えました。

 市民の総意としての温かい心を、被災された皆さんにぜひ届けましょう。
 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-20 11:01 | Comments(0)
b0193344_18455073.jpg

春爛漫、島名杉の子保育園の新しい園舎の竣工式に参加しました。
築30年の園舎を建て替えました。木のぬくもりに包まれた大きな家みたい。
「ほー」とため息が出るほどのすばらしい園舎です。
子どもへの愛情がいっぱいの保育園。ここで育つ子どもたちは本当に幸せですね。


b0193344_18491398.jpg

職員の皆さんによる太鼓演奏、手作りのおししも登場して盛り上がりました。

b0193344_18501282.jpg

「おめでとう~!」でパチリ。私は、目をつぶっています。
真ん中の人が理事長の佐藤弘子さん。「30年前、お金もない、土地もない、あるのは保育園を作りたいという願いだけだった」・・・驚くべきバイタリティーです。「谷田部に、産休明けから預かれる保育園を作ろう」と、周りの人に声をかけ、地元の協力を得て、ついに実現。保育園に続いて、高齢者のデイサービス施設「もみじ」の建設も実現されました。

b0193344_19353385.jpg
 
最後に職員総出で太鼓演奏。若々しい力が本当に頼もしいです。

大震災による大きな困難が前途をふさいでいますが、希望は子どもたち。
保育目標は「全面発達をめざします」・・・人間らしい力を身につけることと理解しています。
沈んでいた心に明るい展望を取り戻してくれたお祝いの会でした。

全国の潜在的な待機児童は100万人とも言われます。希望者はみんな入れるように・・・政治の責任を痛感します。
 
 
 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-17 20:04 | Comments(0)

小出裕章さんのお話し

 京都大学・原子炉実験所の小出裕章先生の講演(1時間30分)をインターネットで聞いて、感銘を受けました。40年間反対してこられたそうです。
 チェルノブイリ事故、東海事故で亡くなった大内さん、福島原発事故、これからどうしていくのか・・・について、納得のいく分かりやすいお話しです。 
 「小出裕章」で検索してみてください。

 今、大切なことは、まず「安全神話」から抜け出すこと、そして、これ以上被害を拡大しないことです。

 今朝方も余震がありました。
 
 両親を亡くした子どもが80人を越えました。まだ増えるでしょう。
 たくさんの力で支えないと・・・・

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-09 09:23 | Comments(0)

また、大きな余震

 昨夜の11時32分、「また来た!」 夜なので、よけい怖いです。
 息を詰めて、収まるのを待ちました。

 いつまで続く? 

 今日は、吾妻小学校入学式です。
 ほかの学校は、昨日でしたが、吾妻小の体育館が使えないため、今日、中学校の体育館での入学式です。体育館の修理は見通しがないようで、子どもたちの活動に支障が出てくることが心配です。

 風が強くて、地震と間違えるほどです。
 

 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-08 09:24 | Comments(0)

今日は入学式です

 おはようございます。
 目が覚めて、テレビをつける・・・被災地のつらい現実がつぎつぎ伝えられます。
 原発事故は、ますます深刻な事態です。

 6日現在の被災者は次のように発表されました。

 死   者 1万2554人
 行方不明 1万5077人
 避   難 16万0625人

 今日は、小学校、中学校の入学式です。
 そして、つくば市内で、26名の被災地の子どもたちの転校が決まりました。
 温かく迎えて、元気に福島に戻れるときまで仲良く・・・と願います。

 一斉地方選挙も、目前です。
 福祉・防災のまちづくりを訴える日本共産党へ、大きな支持を!
 東京の知り合いへ電話を・・・
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-07 07:48 | Comments(0)
 月2回の「コカリナを吹く会」が、私のオアシスです。
 メンバーは、みんな無事でした。屋根の瓦が落ちたり、食器が壊れたりという被害はありましたが・・・
 コカリナを吹く合間にも、「地震のはなし」・・・みんな怖い思いは同じです。
 被災地にもたくさんのコカリナ愛好者がおられますが、いまだに連絡がとれない人もいます。

 今日は、「1人の手」という曲を吹きました。

 ♪ 1人の小さな手 なにもできないけど~
  
  それでもみんなの手と合わせれば~
  
  なにかできる なにかできる ♪

    作曲:ビートシーガー  訳詞:本田路津子

 昔良く歌った懐かしい歌です。
 先日、この歌が被災地で歌われている様子がテレビで放映されたそうです。
 こんな時こそ、元気が出る歌が必要ですね。

 何度も吹いているうちに元気が出てきました。
 
 最後は、被災地に思いを込めて「ふるさと」を吹きました。

 さいたま市から指導に来て下さっている先生に「赤旗日曜版」の購読を勧めました。
 「安全性を無視した結果の原発事故は人災」と、意見は一致しました。
 
 安心・安全を願っているすべての人、その一人ひとりの方が、、日本共産党へ目を向け、協力して下さることを願います。一日も早く、被災地が復興して普通の暮らしができるよう、日本共産党は取り組んでいきます。
 
 
 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-04-06 09:20 | Comments(0)