田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔 sanrok.exblog.jp

元日本共産党つくば市議の田中サトエです。2016年11月に、山中まゆみさんにバトンタッチしました。070-5578-2651へ連絡ください。


by aoisoraitumademo
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 とうとう自殺者が出てしまいました。福島のキャベツ農家。指導的な立場の人だったそうです。

 原発災害・・「最悪の事態も視野に入ってきた」と聞いて、暗澹たる気持ちです。

 3月31日の東京新聞「本音のコラム」・・・「天災は破綻の引き金に過ぎない」と書いています。
 
 「地震と津波はあきらめるしかないけれど、原発事故はあきらめきれない」と語った人がいます。

 原発事故の罪深さを、一人ひとりがしっかり肝に銘じて、政治を転換する時だと思います。

 署名用紙を送ってくれた人がいます。

    福島原発の「廃炉」と、エネルギー政策の見直しを求める人間の会

    http://changejpa.exblog.jp/  を見て下さい!
 

 

 
 

   

 

 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-31 22:41 | Comments(0)

 夜明けが早くなりました。
 今朝は歩いて「しんぶん赤旗」を配りました。
 歩くと、いろいろなものが目に入ります。

 白木蓮がほころんできました。大好きな花です。
 
 吾妻3丁目住宅の周りは、白木蓮や泰山木で囲まれています。
 この公務員住宅も廃止することになっています。
 たくさんの白木蓮はどうなってしまうのか、気になります。

 キッチンカフェの前、地震お見舞いがでていました。
 そして「3っつの{あ}・・・あきらめない、あせらない、あてにしない」で頑張ろうと。
 
 これから、元の生活に戻るには、長い年月がかかることを覚悟しなければならない状況です。

 今日は、皆さんからの要望をとりまとめて、市に要望書を提出し話し合ってきます。

 がれきの引き取り期限を延長して下さい。
 水や土の放射能の数値を調査し、分かりやすい解説を付けて発表して下さい。
 ヨード剤をつくば市でも用意しておくこと。
 避難者に住宅を提供すること。

 などです。

 市内の被災者への補助については、再度他の会派と協議して取り組みます。
 竜ヶ崎は、見舞金を一万円出すことが決まりました。

 被災者救援に、国も県も市も真剣に取り組むべき時です。
 
 
 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-29 08:30 | Comments(2)

瓦やブロックの残骸

 地震で落下した瓦などの残骸の片付けが大変です。
 つくば市のHPを見ると、3月31日まで、クリーンセンターや旧庁舎まで運ぶようにとあります。
 「とても運べない」方もおられると思います。
 今日、市役所で、どうしたらいいか聞いてきます。

 原発事故はこれからどのように収束していくのか? 収束させていくのか?
 さっぱり、分かりません。
 原子力の知識のある人が、あらゆる知識を集めて解決に当たって欲しいと思います。

 災害復旧に必要な財源について、日本共産党の提案が示されました。
 政党助成金廃止、思いやり予算廃止、高速道路料金の廃止や子ども手当はストップ、
 そして、244兆円の大企業のため込み金を活用、地震復興国債を出して引き取らせる。
 財源はあると言うことです。

 3月、転勤・転居の時期、「しんぶん赤旗」が大きく動きます。転居の方も引き続きご購読をお願いします。「ブログ見ました。知り合いに赤旗を届けてください」という嬉しい℡がありました。
 
 

 

 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-28 07:19 | Comments(0)
まつぼっくり保育園の卒園式
私も、理事会のメンバーの1人です。
 佐藤せつ子園長の涙のご挨拶「卒園式ができるかどうか、心配でした。みんなで頑張って今日の日を迎えました」
 ホールの壁には、子どもたちが渾身の力で描いた絵が貼られ、卒園児一人ひとりも輝いていました。うたを歌い、こま回しや縄跳び・リズムなどこれまで身につけてきた能力を最大に披露して感動的な卒園式でした。
 今年は、被災地はもちろんのこと、どこの学校や幼稚園・保育園でもいつにもまして感動的な式だったと思います。そして、子どもたちは本当に希望だと思います。

 私も、挨拶させていただきました。
 おめでたい席ですが、この小さな子たちの肩に、原発事故という取り返しのつかない難題・不安・大きな大きな荷物を背負わせてしまったことに触れざるを得ませんでした。
 帰りの車のラジオで、ピーコさんが、「子どもの未来を閉ざすことは許せない。この怒りをどこにぶつけたらいいのか!」と、震える声で言っていました。
 「原発は危険」という、日本共産党のこれまでの指摘が現実のものとなり、悔しくて仕方ありません。これまでの原発推進は、早急に改めるべきだと思います。
 

議員団ニュース作成
午後は、3月議会の報告を作成、3月27日の赤旗日刊紙に折り込みました。
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-27 07:52 | Comments(0)

3月議会終わる

 最終日の予定は17日でしたが、11日の震災で予定が変更され、今日が最終日でした。
 
 あの恐ろしい日からちょうど2週間目、つくば市は平常に戻っているかのようです。でも、街を歩いてみると、ブルーシートの屋根、がれきの山、「断水」の張り紙、歩道のひび割れ・・・など、地震の証拠が残っています。そしてテレビは、東北の被災地の惨状を伝えてきます。
 被災地では、言葉にならない悲しみ、苦しみ、悔しさ、無念・・・が渦巻いていることでしょう。
 そのうえさらに、原発事故の不安が襲いかかっています。
 なんと愚かなものを作ったことでしょうか。
 夫は、テレビに向かって毎日怒りをぶつけています。

 昨年、日本共産党の吉井英勝国会議員が「大津波で電源が断たれたらどうなるか?」と質問したら、安全保安院の院長は「炉心溶融があり得る」と答弁していたことが東京新聞に載っています。
 「安全神話」はとうに崩れていたのに、原発を続けてきたわけです。これは許せません。

 大地震は、私の頭も暮らしも狂わせてしまったようです。よくよく考えてみるとやっぱり変!
 現実的な考えができないまま生きています。 

 議会も、震災問題がらみで、国保値上げや、5億円の土地購入、被災者救援など、議論されましたが、小差で私たちの主張は退けられました。
 市民への負担が一層重くなる状況になっています。
 そんな中、一斉地方選挙です。東京都知事は小池あきらさんへ、お知り合いに声をかけて下さい。

 
 

 

 
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-26 00:41 | Comments(0)

5億円の土地です

b0193344_18321663.jpg
 

 市が購入しようとしているバスセンター隣接の土地です。約5億円。一等地です。市が買わなくても、民間が知恵を出して採算のとれる施設を作ることができるのではないでしょうか。その中に、市の出先も作って・・・と、市民の意見をしっかり取り入れることも可能です。「22年度予算が余ったので買っちゃえ」という今回の補正予算案は唐突すぎます。
 とにかく、震災の直後にこんな出費はごめんです。我が家に置き換えても、客間を作るより、新たな災害に備えて家を補強したり懐中電気やラジオ等の備えが先です。
 明日の本会議でイエスかノーか、悩む議員さんもおられるでしょう。
 日本共産党は、もちろんノーです。
 議員の背中を押すのは有権者のみなさんです。明日の傍聴よろしくお願いします。

b0193344_18535050.jpg


 今日は、日本共産党つくば市委員会と後援会の皆さん6人で、クレオ前を借りて救援カンパを訴えました。
 子どもたちからもインドネシアの留学生からも暖かいカンパを頂きました。「銀行で引き出してくるから待っていて・・・」と万円札を入れてくれた方もいました。一時間ほどで29000円と少し集まりました。(正確に覚えていなくて済みません)
 これまでの合計は7万円あまりとなりました。日本共産党全体では2億円集まっているそうです。被災地に届けます。ありがとうございました。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-24 18:50 | Comments(0)
 明日、25日、3月議会最終日です。
 国保税値上げ、つくばセンター再整備の土地を5億円で購入など、市民の暮らしに背を向ける議案が採決されます。
 常任委員会では、いずれも、賛否は3:3で、委員長裁決で賛成となりました。
 本会議でも、現在の力関係では、押し切られてしまう状況です。
 こういう時は世論が力です。
 ぜひ、大きく声を上げていただきますようよろしくお願いします。
 また、知り合いの議員さんにも要請して下さい。

 震災被害を受けた今、自治体がまずやるべき事は、住民の命とくらしを守ることです。

 傍聴も是非よろしくお願いいたします。
 午前10時開会です。
 

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-24 08:10 | Comments(0)
 昨日の都市建設常任委員会での大きな議論は、「つくばバスセンターに隣接しているURの土地を5億円で購入するかどうか」でした。22年度補正予算として3月議会に出されました。
 日本共産党としては、地震の前でも「土地を買わなくても、民間との協力で市民に役立つ施設は可能」と考えていました。ましてや、地震によって吾妻小学校の体育館をはじめとして日常に欠かせない公共施設が損壊を受け使用できなくなっている時、土地を買うお金があったらその修理に回すべきです。私は「優先順位が大切。土地は今買う必要はない。吾妻小学校は、卒業式も入学式も吾妻中学校で行う状態になっている。人数も多く、体育館を早急に修理しなければならない。震災対策に使うべきだ」と反対討論をしました。
 採決の結果、[購入に反対]が私を含め3人、[賛成]が3人となり、議長が賛成の立場を表明したために、委員会としては購入を認めました。数の力で決まってしまいました。
 最終日、25日の本会議で決定します。皆さんはどう思われますか?

 今日の赤旗に、「被災者支援制度」が紹介されています。
 洞峰体育館と国際会議場に届けました。
 家を失った方、働き手を失った方への手厚い支援が必要です。
 大きな困難を乗り越えていく仕事が待ち受けています。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-23 12:04 | Comments(0)
 私たち夫婦が住んでいるアパートの階段。コンクリートが粉々に・・・今になって怖さがよみがえります。でも、中の鉄骨はしっかりがんばっていたようです。
b0193344_18565512.jpg


 夫が1人で部屋にいて、オロオロしていたらしい・・・私は、市庁舎の6階で不気味な揺れに「この世との別れ」を想像しました。
 本当に、怖い経験でした。でも、東北の津波災害は想像していませんでした。まさかの光景です。
 テレビをまともに見ることができません。
 でも、地震の日に生まれた新しい命や、10日ぶりに助け出された人のことを知って、できることをやらなければ・・・と、足を踏みしめています。
b0193344_18594556.jpg


 身近な情報を・・・と、B4一枚の「速報」を段ボールに貼って、公園の樹にくくりつけておきました。こんな小さなことでも誰かに伝われば嬉しいです。

 明日は、都市建設常任委員会です。

[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-21 19:03 | Comments(0)

雨に濡れないように

 今日は、朝から雨。放射能の影響が心配です。なるべくぬれないようにしましょう。

 福島原発の危険をくい止める必死の対策がとられていますが、依然として「深刻な状況」と伝えられています。茨城県のほうれん草、福島の牛乳から放射能物質が検出されました。
 自営の心得は、赤旗にも書いてあります。
 HPでは、放射線医学総合研究所で検索して下さい。

 昨日は、避難所になっている「どうほう公園体育館と国際会議場」に赤旗新聞を届けに行きました。
 被災者の方に「大変でしたね。どちらから?」と声をかけてみると「いわきです。家は流されてしまった。テレビではいわきがあまりでてこないけど、あと3分遅かったら助からなかった。逃げながら後ろを振り返ったら、高い所に車があった。津波に持ち上げられたんだ」と堰を切ったように話されました。「これから、どうしたらいいかわからない。でも、家族一緒だから・・・」 


国を挙げての早急な支援策が必要です。
 
 親戚に身を寄せている方も沢山おられます。経済的支援が必要ではないでしょうか。
 
[PR]
by aoisoraitumademo | 2011-03-21 08:07 | Comments(0)